難しい?定年退職祝いの挨拶状の基本的書き方とは?

会社勤めをしているならば、年齢を重ねると必ず来るのが定年退職です。しかし、定年を迎える歳になっても挨拶状までは考えませんよね。その時に慌てることが無いように、備えておくことが大切です。

挨拶状は、職場の上司・同僚・お世話になった人達に送ります。そのため、お礼状とも言われるように感謝の気持ちを表すものです。挨拶状に記したいことを、いくつか考えておくことが必要です。冒頭の挨拶で季節の話題を盛り込むと、読み手も気持ちが落ち着きます。更に「お変わりはありませんか」「お元気ですか」と気遣います。

上記の言葉を使うと、相手が読むときに感情移入しやすくなるのです。その後に退職した期日を記し、退職した旨を述べます。

流れに沿っていくと、冒頭の挨拶から退職期日に進みます。そこから自分の職歴を書き、仕事の思い出話も入れるといいでしょう。さらに仕事上の苦労、成功や昇格など嬉しかったことを簡単に表現します。ちょっとした失敗談などを書くことで、読み手の心も和むのです。入社してからの、仕事人生を振り返る良いチャンスでもあります。

本題は、お世話になった人へのお礼の内容へと変わります。できるだけ、各個人との遣り取りした思い出を書くのが良いです。量が多くとも、人生の節目に必要な作業なので個別で作成します。しっかりとお礼を述べて、相手に気持ちを伝えることが大事です。上司や同僚ならば、尊敬と感謝の意を込めておくと喜ばれます。

退職後の新しい生活を、どのように過ごすのかも書き記します。こうすることで、自分の今後の人生の決意が現れるのです。退職後も仕事をしたい、ボランティアに参加したいなどの抱負です。自分の生活を示すことで、相手も安心感が持てます。詳しく書く必要はありませんので、一言で述べましょう。

挨拶状の文末には、今後もお付き合いくださるようにお願いします。これは、とても重要で自分も相手を大切に思っていることを伝えます。良きお付き合いが継続できるように、丁寧に書きましょう。

最後に、氏名・住所を記入すれば定年退職の挨拶状の完成です。始めの挨拶・退職日・職歴・お礼・新生活の抱負・お願いとなります。
お祝い事のサイトとしてはこちらのサイトも参考になると思います。 (就任祝い/社長就任祝い

定年退職祝いは、新しい生活へと向かう決意表明でもあります。挨拶状は退職後の初仕事といっても、過言ではありません。退職後、3ヶ月以内に挨拶状を送るように心がけましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ